kamilleのブログ

社会保険についての雑記を、日々記していきます。

国民年金の被保険者について

● 60歳で被保険者資格を喪失し、日本に居住している特別支給の老齢厚生年金の受給権者で、老齢基礎年金の支給繰り上げの請求を行っていない者は、国民年金の任意加入被保険者になれる。

任意加入被保険者とは、第1号被保険者になれない、第2号および第3号被保険者以外の者をいい、老齢基礎年金の受給権取得と増額を目的とする。

具体的には、以下の者が対象となる。

①日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、厚生年金保険法に基づく老齢給付等を受けることができる者。

厚生年金保険法に基づく老齢給付等を受けることができるため、第1号被保険者になれない。)
日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者。

(60歳以上のため、第1号被保険者になれない。特別支給の老齢厚生年金の支給を受けている60歳以上65歳未満の者も、任意加入被保険者となることができる。

日本国籍を有する者であって、日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の者。

(海外居住のため、第1号被保険者になれない。)

 

● 遺族基礎年金の受給権者も、第1号被保険者になれる。

第1号被保険者とは、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号および第3号被保険者以外の者をいう。

厚生年金保険法に基づく老齢給付等の受給権者のみ除く。この者は任意加入になる。

よって、障害給付や遺族給付の受給権者は、上記の要件をみたせば、第1号被保険者になれる。